来店予約

Memberregistration 会員登録

株式会社マトリックスグループのTOP > 株式会社マトリックスグループのブログ記事一覧 > 仲介手数料の「6万円」って何?

仲介手数料の「6万円」って何?

カテゴリ:不動産コラム
───もくじ───
・仲介手数料のおさらい
・仲介手数料の料率
・1000万円の土地の仲介手数料を計算してみます。
・料率ごとに計算してみましょう。
・「+6万円」は調整額だった!
・まとめ
─────────

|仲介手数料のおさらい

前回のコラムでは、仲介手数料の計算方法についての記事を公開しました。

前回のコラムはこちら↓

仲介手数料の計算方法
【(売買価格-建物消費税額)×3%+6万】×110% (消費税率10%)

この計算式で、おそらく誰もが違和感を覚える部分があるかと思います。

「+6万」って何?

この「3%+6万」は、速算式と呼ばれる計算方法。
売買価格に料率が決められていて、その料率に基づいた金額の計算をしています。


仲介手数料の料率

宅建業法で定められている料率を見てみましょう。



どの宅建業者も、上記の料率を基に仲介手数料を計算しています。
しかし、この表でも赤字で+2万円、+6万円が登場しています。
実際に、計算してみましょう。


1000万円の土地の仲介手数料を計算してみます。

分かりやすい金額で、1000万円の土地を購入したとしましょう。土地には建物にかかる消費税がかからないため、計算が簡単になります。

1,000万円のため、料率は3%を適用します。
仲介手数料を速算式で計算すると、

1000万円×3%+6万円=36万円

速算式だから簡単に計算ができますが、
本来だと上の表に基づいて1000万円を細かく分けて料率ごとに計算した後、それぞれを合計した金額となります。
図にするとこんな感じになります。

料率ごとに計算してみましょう。

本来の算出方法で計算してみましょう。

① 200万円までは5%までの料率なので、200万円×5%=10万円 



② 200万円から400万円までの部分は4%の料率なので、200万円×4%=8万円


➂ 400万円から1000万円までの部分は3%の料率なので、600万円×3%=18万円

これで細かい計算は全て出ました。これらの数字を合計して、

10万円+8万円+18万円=36万円

これが仲介手数料です。先程の速算式と同じ金額ですね。

でも料率ごとにバラバラにして計算するのは面倒ですよね。
最初から1000万円を3%でかけてしまえば良いじゃん!

1000万円×3%=30万円

あれ、金額が合いません・・・。36万円と30万円、その差額は6万円ですね。

えっ、6万円?

「+6万」は調整額だった!

単に3%で計算してしまうと本来の仲介手数料が正確に出ず、
本来の算出方法で計算したその差額こそが+6万円の根拠なのです。
速算式で仲介手数料を計算する場合、売買価格全体に3%をかけた後に6万円を足して
正規の金額になるように調整しているのです。


|まとめ


今回は、仲介手数料の「+6万円」について解説しました。

しかし、地域や物件によっては価格が400万円以下の物件もあるかと思います。

そんな時は「4%+2万円」も覚えておくと良いです。


住宅購入の際には、仲介手数料以外にも様々な諸経費が発生します。

購入の際の資金計画は弊社営業担当、

お金に関する今後の人生設計は下記ファイナンシャルプランナーまでご相談ください!


専属ファイナンシャルプランナーによるライフプランニングはこちら

理想の住まい探しは、不動産のマトリックスにお任せください!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
株式会社マトリックスは、練馬区・板橋区を中心に東京都内全域や隣接する埼玉県南部の不動産を取扱う、売買専門の不動産会社です。
長年の不動産売買経験と実績で培った、 一部上場会社から地元密着会社などの幅広いネットワークを活かした
豊富な不動産情報やマトリックス独自で企画したネット未掲載の物件情報だけでなく、
ご売却(無料査定)・住宅ローン(FPのご相談も無料です)などにつきましても、お気軽にお問い合わせくださいませ。

売却査定はこちら
 
会員限定物件を閲覧可能な新規会員登録はこちら

ログインページはこちら

来店予約はこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



≪ 前へ|最新の新聞折込チラシです!①   記事一覧

トップへ戻る